ザ・ブセナテラス

トロピカルな沖縄の魅力を満喫したい方にとって、この「ザ・ブセナテラス」ほど適したシーサイドリゾートはないのかもしれません。施設内は非常に充実しており、まるで異国の高級リゾートにいるかのような気分を味わうことができます。

どことなく異国情緒を感じさせられる敷地内を走る赤いバスもまた魅力的です。リゾートカジノのような雰囲気もあり、ミスティーノカジノレビューのようなサイトをスマートフォンをご覧になれば、よりカジノ気分に浸れるかもしれませんね。

おすすめのレストランは「ランブルフィッシュ」

まるで市場のように、新鮮な魚が並べられた「ランブルフィッシュ」では、グリルスタイルの料理を提供しています。店内にはクラフトビールの醸造所が併設されており、新鮮なビールを堪能できます。

沖縄のシーサイドリゾート

沖縄の美しい海を満喫したい方にとって、すぐそばに海があるシーサイドリゾートへの宿泊は、沖縄旅行における「マスト」の条件となることでしょう。このブログでは、そんな方々のためのお勧めシーサイドリゾートを取り上げていきたいと思います。沖縄旅行で宿泊先を迷ったときに、ぜひ参考にしていただければと思います。

沖縄本島に限定

沖縄には多くの離島があり、そこには多くの魅力的なシーサイドリゾートがあります。それらも含めるとなると、とてもこのブログだけでは紹介しきれないため、泣く泣く沖縄本島限定で紹介していきます。とはいえ、本島だけでもかなりの数のシーサイドリゾートがあり、その中からピックアップするだけでも大変でした。その割には満足のいくチョイスができたと思いますが、いかがでしょうか。

リザンシーパークホテル

沖縄のシーサイドリゾートとしてはリーズナブルな値段ながら、他のどんなホテルにも負けない魅力を持つのが「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」です。リゾートホテルが立ち並ぶ恩納村の中でも、ひと際大きな規模のホテルとして知られる存在です。長さが800mにも及ぶビーチに併設されているため、家族連れでものびのびビーチで遊ぶことができます。沖縄は台風が多い地域としても有名ですが、もし台風がやって来ても、充実したホテル内施設を誇るこの「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」なら、安心して休日を過ごすことができます。

お勧めのレストラン「マンダリンコート」

船内をイメージした落ち着いた店内で、本格的な飲茶と広東料理が楽しめるお店です。豊富なメニューのディナーバイキングは、きっとあなたを満足させるでしょう。

ホテル日航アリビラ

沖縄県中部に位置し、日本一人口の多い村ともいわれる読谷村。その読谷村には幾つものホテルがありますが、その中でも高い知名度を誇るのが「ホテル日航アリビラ」です。「安心、くつろぎ」という意味の「alivio」と、「別荘」という意味の「villa」という2つのスペイン語を足した造語「アリビア」。その名を冠したこの「ホテル日航アリビラ」は、まさしく「くつろぎの別荘」を利用者に提供しようとする心意気が感じられるホテルリゾートです。それだけの居心地の良い空間が、そこには存在しているのです。

お勧めレストラン「ビーチハウス・ソル」

目の前がビーチになっているレストランで、美しい海を眺めながらバーベキューが楽しめます。

ホテルモントレ沖縄

ビーチリゾートホテルのメッカ、恩納村にある「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」は、のんびり落ち着いて過ごせるプライベートビーチと、子供に大人気の巨大なプールが魅力のビーチリゾートです。ホテルの部屋の窓から見る景色は遮るものがなく、まるで周り全てが海であるかのような錯覚に陥るほどです。岬の先には海に囲まれる純白のチャペルもあり、南国の美しい景色の中で誓いの言葉を交わしたいカップルにとって、「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」は最高のビーチリゾートといってもいいでしょう。

お勧めレストラン「タイガービーチカフェ」

ビーチに面した屋外テラスで、本格バーベキューが楽しめるのが「タイガービーチカフェ」です。ランチメニューも充実していて、サラダバーやフルーツバーなどがあります。

ホテルムーンビーチ

1975年におこなわれた沖縄の日本復帰記念事業、沖縄国際海洋博覧会。一般的に「海洋博」と呼ばれるこの一大イベントに合わせて建設された沖縄ビーチリゾートの先駆けが、この「ホテルムーンビーチ」です。40年以上の歴史を誇るこのホテルは、老舗の看板に甘んじることなく、常に新しいサービスを提供するホテルでもあります。2016年にはビーチそばに「ラグーンプール」を新たに設置。利用者は、より多様な過ごし方を選択できるようになりました。また歴史あるその建物も魅力の1つで、特に客室棟に長く垂れ下がる観葉植物と建築との融和は、他のホテルでは見られない見事な景観です。

お勧めラウンジ・バー「ラナイ」

広がる水平線に囲まれながら、昼はラウンジ、夜はバーとしてくつろぎの空間を提供してくれるのが、この「ラナイ」です。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

西海岸道路が整備されたことで、那覇空港からのアクセスが用意になった中部北谷エリア。その北谷の将来性に目を付けていたかのように、2014年にオープンしたシーサイドリゾートが「ヒルトン沖縄北谷リゾート」です。ここはアメリカンビレッジという大型商業地区のそばに位置するため、ショッピングもエンタメも楽しむことができます。

お勧めレストラン「スリユン」

大きなガラスで外光を取り入れ、沖縄の開放的な雰囲の中で食事を楽しむことができるのが「スリユン」です。ここはビュッフェスタイルのレストランとなっています。

カヌチャリゾート

沖縄北部のゲートシティ、名護を代表する宿泊施設「カヌチャリゾート」は、日本最大級のスケールを誇る広大な敷地面積のシーサイドリゾートです。約80万坪というその広大な敷地には、ゴルフコース、3つのプール、そして当然ながら沖縄の美しいビーチがあります。そんな巨大な敷地なら移動も大変そう、と思う方もいらっしゃるでしょうが、敷地内はカートをレンタルし移動することができるので、むしろ移動自体が楽しくなるほどです。そして「カヌチャリゾート」を取り囲むやんばるの大自然の中で休日を満喫することで、あなたは英気を養い、新たな活力を得ることになるでしょう。

お勧めレストラン「神着(カヌチャ)」

地元の食材を活かした和食レストラン「神着」では、見た目でも楽しめるライブキッチンもおこなわれています。